経験なし30代が経理事務へ応募しても大丈夫?アピールのしかた

※当サイトにはプロモーション広告が含まれています。

経験はないけど経理の仕事をしてみたい・・・難しいかな?

経験はないけど数字を使う仕事をしたい!雇ってくれるとこはあるのかな?

20前後で初めて就職し、歳を重ねて30代にもなると色々見えてくるものがあります。世の中が分かってきた30代になった頭で新たに「こんな仕事をしてみたい!」という希望は誰しもあるものです。

今回は経理事務の求人へ応募した場合、30代未経験でも採用されるかどうかをテーマにした記事です。早速解説していきます。

この記事はこんな方におすすめ

・30代になってから経理の仕事をしてみたいと思うようになった。でも経験はない。

・よく分からないけど数字を使う仕事、計算をする仕事をやってみたい。

30代未経験で経理事務に応募しても大丈夫?

大丈夫です。これは断言します。なぜなら採用される可能性あるからです。

でも誰でも受かるか、簡単か、と言われたらちょっと頑張る必要はあると思います。この様な理由と対策を一つづつ解説していきます。

経理事務が未経験だと難しい理由

独特なルールがある

経理の仕事は第一に仕訳を使います。この仕訳にという作業について、決して難しくはないのですが独特なルールがたくさんあります。

・右と左に分ける

・右と左の数字の合計は一致させる

・訂正は“書き直す”のではなく新たに書き足して数字を減らしたり増やしたりする(逆仕訳といいます)

・締め切ったものは訂正できない(決算など)

やっていることは、要はお小遣い帳なのですが、色々とルールがあります。こういうルールを一つ一つ教えないといけないとすると大変です。時間も人もとられてしまいますから。

そのためあまりゆとりのない会社では経験者を好んで採用するのです。一から人も時間もかけて教えるのなら、若い人がいい、となってしまうのです。

経営者に近い立場だから

経理はどんな会社も必要な部門です。では社長夫婦と数名の従業員でやっている小さい会社だとして、経理事務員がいない場合はどうするか?

“社長やその家族がやっている”ことが非常に多いです。世の中男性の社長は多いわけですが、経理は奥さんがやっているというところは多いです。社長自身がやっているなんてことも普通にあります。

難しい部分は税理士におまかせになると思いますが、とにかくそのぐらい重要なポジションなので未経験者には任せにくいといった理由もあります。

未経験者が経理事務をやりたい場合、どうすればいいか

簿記検定に合格する

日本商工会議所主催の検定試験「簿記」があります。経理事務で使う仕訳やその他の業務はこの簿記を学んでおくとすぐに実践で使える知識が多く身につきます。そのため、経理事務の採用は簿記検定合格者であることが評価に繋がります。この辺りは別記事でもう少し詳しく書いていますのでぜひこちらも参考にしてみてください。

採用される可能性の高い会社を狙う

例えばやはり大手は厳しいです。それだけ応募も多いので、極端に言えば選び放題で、経験者もたくさん応募してくるからです。では採用される可能性の高い会社として挙げたいのが、例えば“小さい会社”です。

全国や主要都市など複数都道府県に支店を展開している様な会社ではなくその場所のみ、または本社と近隣の支店程度しかない会社です。

やはり大手に比べ人気は劣るのでライバルは減ります。給料面など大手よりはよくない場合が多いでしょうが、経理事務という仕事内容を重視したい場合は狙ってみるのも一つの手でしょう。

経理事務の仕事は女性を意識した求人も多く、男性は少し不利な状況にあるのですが、男性の私が採用に至ったり応募はしなかったが男性歓迎!等とされた会社の系統を紹介しています。よかったらこちらも読んでみて下さい。

派遣会社を利用する

要は派遣で働くということです。

派遣会社は「3ヶ月更新」みたいになっている事が多く、そうするとその期間満了で終了になってしまったりデメリットもありますが、その分正社員の様な立場に比べ採用基準は緩い傾向にあります。未経験ならぜひとも簿記3級を取得し派遣会社へ相談してみることをおすすめします。昇給がない、交通費が出ないといった事もありますが、時給が比較的高いところが多いのでとりあえずの経験を積むのにはもってこいです。

派遣会社で求職をする場合の流れなどを別記事で書いていますのでこちらも合わせてお読み下さい。

すぐに仕事を探したい方へ、スイスに本社がある世界の総合人材サービス、アデコはこちらからどうぞ!

今までの経験を経理へ結びつけてアピールする

派遣だろうとハローワークで正社員を探そうと、面接や顔合わせ、担当者と面談といった自分の意向をアピールする場は必ずあります。

未経験です・・・で終わってしまってはもったいないので、これまで経験した事のある職種の経験を経理と結びつけてアピールすると効果的ですし、説得力があります。

例えばスーパーやコンビニでレジをした事がある人は「お金を扱う仕事に責任を持って従事したこと」をアピールできますし、運送業のドライバーを経験した人なら、積み荷や荷下ろしの時間を予測で計算し、そのために高速道路をどこから乗れば時間効率や料金の面で最適な動き方となるか計算してこれだけの成果をあげましたよ、という実績を強調できます。

まとめ

今回は経験なし30代が経理事務の仕事へ応募できるかどうか、また採用の為の戦略についての記事でした。

・募集もたくさんあるし、未経験可のところはたくさんある

・小さい会社を狙う

・派遣も肩書や給与面で可能なら検討する

・簿記は持っておこう

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました