堅い仕事に就きたい!と考える30代前後の方へおすすめな仕事を紹介!

※当サイトにはプロモーション広告が含まれています。

私がそうだったのですが30歳を前に「肉体労働ではなく頭を使った仕事がしたい!」と考える様になりました。ハローワークで相談したところ応募者多数で「そういう方は多いですよ」と教えてもらいました。

私の場合は持病も関係していたのですが、そうでなくとも何か

「お堅い」

「難しい」

「頭で勝負する」

こんな感じの仕事をお探しの方も多いのではないでしょうか。

前提として「市の職員」とか「税務署」とか、そもそもお堅い組織に勤務できそうな場合の話は当記事では除外します。あくまで一般企業での一般的な求人で、という方向性の話になります。

この記事はこんな方におすすめ

・スーツを着て働きたい

・肉体系の仕事を続けるのは歳をとってからが不安

・学生時代は嫌だったが、30歳前後になり勉強するのが楽しいと感じた

身近にある堅い仕事3選

経理事務

言わずと知れた経理事務。要は会社のお金の動き把握記録する仕事です。

経理の仕事について少し詳しく書いた記事があるので、こちらもよければ参考にして下さい。

結局は確定申告のための記録がほとんどです。申告は税理士に任せているところも多いですから割愛しますが、基本的に全ての数字を洗い出します。会社の規模にもよりますが、経営者にも数字を提出し、経営者は今後の展開や戦略を考えたりします。経理部の偉い人になればそういう場にも参加するでしょうし、新人〜一般社員の間は数字を出したり管理しておくのが仕事となります。

他にもフォークリフトやコピー機等、リースしている機械があればどれをどこからいつから借りているか、毎月いくら払っているか、後何回支払いがあるか、などは情報を一まとめにしておいた方がいいです。そういう管理簿みたいなのを作ったり保存しておくのも経理の仕事です。

給与計算事務・社会保険事務

ちょっと曖昧な呼び名ですが、自分も含め社員やアルバイト一人一人の給料が今月いくらだったか等を計算します。もちろん社長のも計算します。

時給は言うまでもありませんが、月給制の社員も遅刻や欠勤があると給料は変動します。残業でも変わります。

また給料から天引きされる社会保険料や所得税、住民税といった控除額も計算しなければなりません。給与計算ってかなり複雑なのです。

それから年末年始に、生命保険料に今年いくら払ったかが書いてあるハガキなんかを提出したり、配偶者や扶養している子供の氏名等を書いたりする紙を書かされたことのある人は多いと思います。年末調整で必要な要素なのでこれも給与担当者が管理しているのです。

経理の人が全部ひっくるめてやっていたりするので、どこまでが給与担当者でどこまでが経理担当者なのかは本当に会社によって様々なので難しいのです。ざっくり当ブログでは分けています。イメージとしては、給与計算に関してはもし顧問がつくなら社労士で、経理に関しては税理士なのかなという感じです。

総務事務・一般事務

ますます混迷を極めそうですが、上記2つに比べ「その他」または「色々」を指す時に総務一般事務と呼んだりします。

「その他」の場合は例えば「仕訳や給料関係以外の事務」

「色々」は例えば「経理の合計表は社長がやるから仕訳や記帳は事務員さんにお願いしよう、給料は全部やってもらおう」みたいなことです。細分化していくと「何事務」と呼ぶのが難しくなります。

「掃除とかもやってもらうし、よく分かんないから“一般事務”で求人出そう」

まぁこんなとこです。「何事務と呼ぶか」についてそんなに拘っている企業はほぼいません。

その他「色々」の仕事内容ですが

・社員の制服のサイズを把握して発注する

・昼食等の弁当をとっている会社の場合、誰がどの弁当にするか注文をまとめて朝イチに発注する

・お客さんが来た時にお茶出しする

・会議がある時に会議室を手配する

・会社にかかってきた電話を取り、担当者へ繋ぐ

等々本当に多くのことです。

総務が給料を計算していることも当たり前にありますし、経理を兼ねていたりもしますし、全然バラバラなのです。

求人に応募する場合は職種の名前だけではなく、よくよく仕事内容を確認するようにして下さい。

大体30歳前後

20前後で何らかの仕事に就き、数年経って飽きたり嫌になったり先が不安になったり、様々な想いから「堅い仕事」を意識し始めるのはとてもよくあることなのです。接客や肉体系からチェンジを希望する人はたくさんいます。

それがいいことなのか悪いことなのか、で言うと「普通のこと」としか言いようがありません。

逆に運送業から堅い仕事に憧れ事務職に就いた人が「やっぱ自分には力仕事が向いているな・・・」と思うかも知れません。でもそれでいいのです。また力仕事を始め今度はもっと長く続ければいいのですから。

反対に「事務職が天職だ・・・!!」と思えば切り替えてよかったですねということです。やっぱりその仕事をやってみないと分かりませんよね。

そもそも、経験もなく就けるのか

こちらの記事

に対策を少し載せています。事務員になるのに男性はちょっと不利なので、下の記事はそういう事に焦点を当てて書いています。

まとめ

今回は30歳前後で「何かお堅い仕事に就きたい」と思った時について書いてみました。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました